売上を上げたいですか

04.12

山本です。

 

私が見てきた事業者の多くは、必死になって売上を上げようとしています。

あなたはどうでしょうか。

 

集客に悩んでいる場合も、生産性に悩んでいる場合も、よく分解してみると、実は売上を増やすことだけにフォーカスしようとしています。

「どうしたら売上を上げられるのか」ということばかりを考え、その手段として集客や広告、生産性の向上を考えていくのです。

 

これは、よく考えるとかなりおかしな話ですよね。

事業で得なければいけないのは、「利益」です。

売上ではありません。

 

すべての人がこのことを理解しているはずですが、実際に事業をやっていて日々経営に思い悩んでいる人に限って、このことがすっぽり抜け落ちているのです。

今、あなたの会社が売上を持っているのなら、利益は出せるようになります。

 

上がっている売上をさらに引き上げるのは、今やることではありません。

 

今売上が上がっている場合、やるべきことは一つだけです。

利益率を上げることです。

 

利益率を上げずに売上を拡大することばかりを考えていると、売上が上がれば上がるほど苦しいビジネスになっていきます。

多くのビジネスでは、売上=労力です。

売上を上げれば上げるほど、何らかの労力がかかるようになります。

 

これは当たり前の話なのですが、本当に気づかない経営者が多いのです。

だから売上を上げるために、人員を増やして、店舗を増やし、仕入れを増やしていくという選択肢を取ってしまうのです。

 

それをやるのは、利益率を上げてからでも全く遅くはありません。

 

利益率を上げる、極めて簡単で即効性のある方法があります。

費用を下げることではありません。

売上を上げることでもありません。

 

ほとんどすべての業種で応用できる方法です。

それはまた改めてお話しましょう。

こちらの記事も読まれています

にほんブログ村 ベンチャーブログへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

カレンダー

2017年9月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る