足下を常に補強し続けること

06.07

山本です。

 

なんと気がついたら、1年以上このブログを更新していませんでした。

ブログ自体は書いていましたよ。

WordPressの画面と向き合わない日はありませんでした。

 

状況に大きな変化はありませんが、事業も新たに増えました。

比較的安定基調にある中で、最近やや不安に感じることがあります。

それは、攻勢ばかりに力を入れるあまり、足下がおろそかになっている可能性があることです。

 

ビジネスで言えば、新しい商品を開発することや、大きな売上げを上げることが最も注目されやすいことです。実際にこれに力を注ぎ続けることで回っていくフェーズの方が多いです。特にスタートアップならそうです。

私もひたすらこのことだけを考えて今までやってきました。

過去形で書いていますが、実際は今もその最中です。

 

手を緩めるわけにはいかないんですよね。

自分では手を緩めているつもりはないんですが、確かに初期の頃に比べれば若干余裕は出てきています。

この手の話は、スタッフにも知人にも、色んな人に話しています。

攻勢に打って出てそれで成果を出すのは、当たり前です。

やっていればうまく行くんですから。いずれ結果が出ます。

 

結果が出ると面白いので、さらに攻勢に出ようとします。

ひたすら攻めの戦略を続けていくことでどんどん売上げは上がり、面白いように回転し出します。

ところが、多くの経営者は背後の失敗で倒れていきます。

このことをずっと聞かされていたので、大事なのは分かっているつもりでした。

 

貞観政要の「守成」ですね。

私はこれが好きで、何年か前にかなり調べました。

創業よりも、それを維持していく「守成」の方がはるかに難しいという話です。

 

まだ何か大きな問題が起きているわけではないのですが、漠然とこの背後の不安は感じるようになってきました。

実際問題として、裏方の作業は必要十分なレベルで確実にこなせているとは言いがたい状況です。

何か起きてからでは遅い。

 

今の私のように、状況が悪いわけでもないのに、何か漠然とした言い得ぬ不安を抱えているという人は結構多いのではないでしょうか。

この手の不安は、足下を確実に固めていれば、おそらく限りなくゼロにすることができます。

何しろ感じている不安の原因は、回らなくなることなのです。

 

ある日売上げがなくなったらとかいう目に見えそうな不安ではないのです。

ある日売上げがなくなることは、もうあり得ないので、全く心配していません。

はっきり言ってこの安心感は半端じゃありませんが、それでも違う不安はあるわけですね。

 

その不安を払拭できるのは自分しかいません。

払拭するために、足下がぬかるんでいるのなら固め直さないといけませんし、固まったらそれを維持する努力をし続ける必要があります。

 

こちらの記事も読まれています

にほんブログ村 ベンチャーブログへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

カレンダー

2017年3月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る