webの仕組み その2 リクエストとレスポンス

 

クライアント(ブラウザ)はサーバーとの接続を確立した後、各種リクエストを送信します。サーバーはそれにこたえテキストや画像などのリソースをクライアントに転送します(これがレスポンスです。)

Firefoxでネットワークのタブを開き、「ヘッダ」の欄を見てみますと実際のリクエストとレスポンスの内容をみることができます。

無題

上記画像の下がリクエストで上がレスポンスになります。

代表的なパラメータの見方

リクエスト

HOST  リクエストしたリソースがあるサーバーのホスト名やポート番号
User-Agent ブラウザタイプやバージョンなどの情報
Accept クライアントの受け入れ可能なコンテンツタイプ
Accept-Language クライアントの受け入れ可能な言語
Accept-Encoding そのブラウザがデコードできるデータのエンコーディング(gzipなど)。

レスポンス

Content-type 返すリソースの形式。通常のWebページはtext/html
その他,CSVなどを返す場合には異なってくる。詳しくは下記リンクを。
http://www.abe-tatsuya.com/web_prog/perl_cgi/mime_type.php
Date 日付
Server Webサーバーのソフトウェア名やバージョン情報

参考リンク

http://www.cresc.co.jp/tech/java/Servlet_Tutorial/Att_03.htm
http://www.tohoho-web.com/ex/http.htm

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。