ansible host指定,変数の外だし,ユーザー追加

    最終更新日:2017/04/07

Ansibleにてhostユーザーやユーザーの追加などす。

ホストの指定

以前紹介したほうほうでは原始的に/etc/ansible/hostsにhostのipを指定する、などの方法をとりましたが、これですともちろん保守性に問題があります。

一般的にはファイルを用意し、ここにhost情報などを保存しておきます。

例えば hostlistなどと書いたファイルを下記のように設定し、

のように書いておきます。

そしてansibleのファイルのhostを下記の用に書いておき、

実行時に

と入力すれば指定されたhostに対してインストールを行います。

http://qiita.com/NewGyu/items/5de31d76d2488ab27ed6

ユーザーの追加

ansibleではユーザーの追加なども行えます。

./vars/userinfo.yml

変数を別ファイルに

着眼点としてはvars_file:で変数を外だしにできます。

一般的なプログラム同様中に直接書いていては保守性が低下しますので、外に書いておいておいたほうが良いでしょう。yml形式で書いておきましょう。

http://qiita.com/okataitai/items/ad02dbbcbe710ba56589

パスワードのハッシュ化

パスワードは平文では登録できず、ハッシュ化しておく必要があります。

作り方ですが、tarou_passをパスワードで使いたい場合下記のようになります。

http://wiki.inamuu.com/index.php?ansible%E3%81%A7%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E8%BF%BD%E5%8A%A0

パスワードなしでsudo

最後のlinefineの一文ですが、/etc/sudeors.dの下に追加することでパスワードなしでsudoコマンドを使うことができます。

http://blog.5000164.jp/2015-11-ansible_sudo/

ユーザー情報に関して

remote_userですが、どうやら上書きがうまくいかないようでかかずに実行時に -u ユーザー名でうまく行けるみたいです。

http://qiita.com/j-un/items/289ae9562e2e665299db

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。