PHPでのコンソール入力に関して

 

PHPはほとんどの場合、ブラウザでURLをたたいてWEBサーバーから呼び出されるパターンがほとんどです。

ところが、コンソールから使いたい場合などもあるでしょう。

コンソールから入力する場合、なんらかの引数を入力するとなると、標準入力を使って対話形式で読み込む方法と引数を直接渡す方法があります。

プログラム自体はものすごくシンプルなのでリンクの紹介をします。

標準入力の場合

http://mikaduki.info/webprogram/php/983/

http://qiita.com/kiimiiis/items/89ac68e5f7451bf64d1a

注意点としては何度も読み込む場合はwhileなどでループさせましょう。

ループ回数と出力メッセージタイミングをそろえるのが意外と難しい・・・

引数を使用する場合

http://qiita.com/aic0o/items/91ca1ddc1fc6e025286f

注意点としては

インデックスが1からスタート

$argvはインデックスが0ではなく1から始まります。

区切り

引数は半角スペースで自動的に区切られます。

sample.php  hoge  foo

とした時点で$argv[1]=hoge , $argv[2]=fooになります。

引数を入力するときはクオートを付けると1つの引数とみなされます。

sample.php  ”hoge  foo ”とやってしまうと $argv[1]=”hoge foo” になってしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。