PHPの名前空間

    最終更新日:2017/07/29

PHPでも5.3以降はJavaのパッケージのように名前空間を使うことができます。

いままではライブラリやアプリケーションの開発者は、PHPに組み込まれている関数やクラス名や他の人が作ったライブラリとの名前衝突を防ぐためにプレフィックスなどをつけるようにしていました。

例 Net_UserAgent_Mobile

名前空間を使うことで名前の衝突を防ぐことができ、長々しい関数名やクラス名をつけることがなくなります。

namespace 名前空間\サブ名前空間

クラス、関数、定数に関して影響があり、それぞれ名前空間を利用したフルパスでアクセスが可能

下記サンプルを参考にしてみてください。

ディレクトリ構成は下記のとおりです。

com/sample/Hoge.php

com/sample/Foo.php

com/practice/Bar.php

注意点としては冒頭の\があるかないかです。

小さいところなんですが、これが あれば絶対パス。ないと相対パスと判断します。慣れてないと見抜きにくいので要注意です。

同一の名前空間上にあるかそうでないかを判断するうえで大切です。

これがあるとないとでパスの指定方法が変わってきて動かない・・ということが結構あるので要注意です。

useの使い方

useを使うことでフルパスでなく、任意の名称を付けることができます。

com/sample/Hoge.php

com/sample/Foo.php

com/practice/Bar.php

一般的には下記のようにasを使わずにuseをフルパスで呼び出して、最後のクラス名でアクセスすることが一般的なようです。

追記:ひさびさに自分のものを読んだんですが、わかりにくい。

下記リンクのほうがはるかによくまとまっててわかりやすいですね・・・

https://remotestance.com/blog/3064/

さらに網羅してある情報が完璧なのはこちらです。

http://qiita.com/7968/items/1e5c61128fa495358c1f#use-%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

※useは対象のクラスに名前空間を付ける処理ですがrequireではないので合わせてrequireをするようにしましょう。一般的にはautoloaderを使う方法がメジャーです。autoloaderについてはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。